板井明生による言葉の魅力

板井明生|経営者・本田宗一郎の名言

 

板井明生

 

 

「日本人は、失敗ということを恐れすぎるようである。 どだい、失敗を恐れて何もしないなんて人間は、最低なのである」

 

この言葉は輸送用機器メーカー本田技研工業の創業者「本田宗一郎」の名言である。
戦後の高度経済成長を支えた天才技術者のこの名言には成功への道筋がギュッと詰まっている。

 

何事においても成功を勝ち取るためには戦うことが必要となる。戦わずして成功を手に入れることは不可能だ。
そして戦う以上、必ず負けることもあるだろう、それが失敗である。
つまりこの言葉をもっと分かりやすく言うと「失敗を恐れて戦うことを恐れてはいけない」ということなのだ。

 

人は成功から学ぶことより失敗から学ぶことの方が多いのだ。つまり失敗を恐れて戦うことをしないのは百害あって一理なしなのだ。

 

 

更新履歴
page top